小コスモスの一風景

堀 剛

 

小太陽が呟く
閃光を放って
僕の五指を包むオーラを白紙に映す
ポエジーを呼び寄せる
テレパシーで他宙の人に語りかける
意味は言葉ではない
映しとる
見る風景                                セダンが通過する
右斜め前方に停止し
降りてくる人が招く
僕は接近する
その人の体内を僕は透過すると
風景が開ける
休息の風景の彼方が見えると
三本の木が直立する                           樹神の魂は呼応する
僕の呼吸に
やはり透過することが許されている
想念のままで歩行する直立した幽霊のような僕のままで
出会えるのは 他宙の人
呼吸を戻す
背中の方へ吸い上げられて出ていく
樹神の中から
出会ったセダンの他宙の人からも
遠くへ
帰り着く
僕がいる
世界に


Warning: sprintf(): Too few arguments in /export/sd209/www/jp/r/e/gmoserver/3/2/sd0420532/poesy.blog/wordpress-5.3.1-ja-jetpack_webfont-undernavicontrol/wp-content/themes/lineday/library/underscores/template-tags.php on line 26