記憶

 堀 剛

記憶が生起するためには
存在が数多く破棄されていなければならない

「想い出す」と発語するには
心像が異質なものへと同時化されねばならない

身体的遭遇の全風景でさえ
故郷の風景でさえ
美的記憶を生み出すためにも
精一杯残虐に現在が破壊されねばならない

記憶のために
あるいは忘却のために
精一杯の破棄がコマンドされるのだ

記憶の風景は、ただ記憶する者のためにのみ存在する
思い出されるためには
一度は忘れら去られねばならない
気が付けば、記憶の円環上にいるのは
ただ自分だけだ

 


Warning: sprintf(): Too few arguments in /export/sd209/www/jp/r/e/gmoserver/3/2/sd0420532/poesy.blog/wordpress-5.3.1-ja-jetpack_webfont-undernavicontrol/wp-content/themes/lineday/library/underscores/template-tags.php on line 26