流れ星   天体に関する連作    

堀 剛

 

流れ星、輝いて焼失するもの。

大気圏への突入速度は自らを包む大気との摩擦を生起する。

高速に大気を引き裂く頑なな意志。

自らのゆえに発火点に到達し、焼失する。

地上においても形を留めるものは少なく、ましてや焼失に耐えて激突するものは極めて稀である。

尚、地球に届こうとする一つの意志のみにおいて大気に突入し、硬質な自己は発火する。

意志ゆえに放たれたもの。

地上の誰かに見られるためでもなく、見られることの偶然にすら身を寄せず、

意志自らに意味を付与された炎の塊。

何処から突然の鋭角的な突入をなして来たのかすら、あずかり知る者もなく、

ほとんどの場合、観察されるという他者への関係すらも拒絶するもの。

閃光を放って死すもの。

 

 

20200519


Warning: sprintf(): Too few arguments in /export/sd209/www/jp/r/e/gmoserver/3/2/sd0420532/poesy.blog/wordpress-5.3.1-ja-jetpack_webfont-undernavicontrol/wp-content/themes/lineday/library/underscores/template-tags.php on line 26