月  天体に関する連作    

堀 剛

 

 

月。太陽光を反射し、輝きを日々つくろう天体。

自らは光を持たない冷徹な岩石の塊でありながら、地上へは反射光を放つもの。

心。自らの思いを自らに写し、自らの日常を日々つくろう実存。

自らは不変な魂の一片でありながら、外部へは意志を放つもの。

時に満月、意志は行為を放つ。行為は肉体を伴う。

時に三日月、祈りは神秘であり、微笑みは哀しみをも伴う。

自らの思いを抱え込む。

自らの思いを引きずりながら、どこまでも自らに対して関係する。

自らは一つの肉体の内に置かれているようであり、

体積を確認できぬ所在でありながら、外部へは肉体を所有する。

時に打ちのめされ、自らのありように耐え難く、肉体をすら破壊するもの。

心、月の鏡に反射し、自らを自らに焼き尽くすもの。

 

 

 

 

20200519

 


Warning: sprintf(): Too few arguments in /export/sd209/www/jp/r/e/gmoserver/3/2/sd0420532/poesy.blog/wordpress-5.3.1-ja-jetpack_webfont-undernavicontrol/wp-content/themes/lineday/library/underscores/template-tags.php on line 26