斜陽の時

堀 剛

 

山を登り切った時から
降りることを考えねばならない

空へ飛び立った日には
着地の瞬間について考えねばならない

少年の頃、高い木に登って屋根を見下ろし
でも、暫くすると
怖々と降り始めねばならなかった
登った先では
降りることを考えねばならない

斜陽する背中の時間
夕暮れは私一人を待ってはくれない
広がる闇を背にして
どのように立ち去るのか
もう、それに応えねばならない                      私はまだ人生を降りてはいないのに

 


Warning: sprintf(): Too few arguments in /export/sd209/www/jp/r/e/gmoserver/3/2/sd0420532/poesy.blog/wordpress-5.3.1-ja-jetpack_webfont-undernavicontrol/wp-content/themes/lineday/library/underscores/template-tags.php on line 26