座 標

堀 剛

記憶の果て
切断された向こうに
未来のように霞んだ風景がある
緑色の板塀のある空地
草野球をする少年たちの記憶の風景が遠くに見える
だが、気がつけば
僕は同じ部屋の窓からしか
世界を覗いたことがない
ここからしか見えないのだ
世界が


Warning: sprintf(): Too few arguments in /export/sd209/www/jp/r/e/gmoserver/3/2/sd0420532/poesy.blog/wordpress-5.3.1-ja-jetpack_webfont-undernavicontrol/wp-content/themes/lineday/library/underscores/template-tags.php on line 26