〈私〉論

堀 剛

    1

内部の私は、内部に向かって、                      私は私ではないのかも知れないと言う。
その時、他人の声で語りかけてみる。

牢獄にいる私の夢。                           審判を待つ。                              私のいない部屋で、既に私の裁判が始まっているらしい。

判決がやがては読み上げられ、私の名が抹消される。
何者も1キュビト以内には近づくな。                   何者も会話をするな。
何者も「私」についての記憶を留めてはならない。             忘却せよ。

内部から私は私について忘却する。                    私の名をいつか憶い出すために。
ここに抹消する。

 

2 「ラマン」を観て

既に痕跡を残して、落下予定地点への着地の瞬間を考え始めている。
港には、耐用年数超過の船舶が羅列する。
海の表情は、船を乗り継いでいく人の風景である。
時代を乗り継ごうとする背後に、生きた量だけが痕跡を留める。
連れ発つ女もどこかへ行ってしまって、出航の間際に一人の男。
船でなければ旅立てない。忘却の儀式だから。
おまえはおまえで、私は私で、どこかで涙を流すのか。
既に生きてしまった量だけ憶い出は深いのだ。

 

尚、存在の廃棄のために書く
書くことは解体
そこに差異(意味)を導くことができれば、私の不幸は終わるだろう

 

自己が自己に対して課すもの、それ以外に何もないのだとすれば、
世界に対して、私は透明とならねばならない。

 

二心の空間の動揺
複数の錨で止めを入れる、
痛む。
傍らを
通過する君の視線の方向を
私は見れずに
別れを確認する
朝を迎えるように
睡魔と覚醒との間で

 

深く球体の深部に幽閉を繰り返すために拒絶する。             外部と同じ比重で内部へと。
外部の忘却の彼方に、なお一点の差異へのこだわりを発露する。
自らが自らに課すもの。                         自らに発露する言霊。
外部へ対立することに於いてのみ、球であることを知る時の閉塞。
内部が透明へと導かれるために、痛みを内部へかばう。
少女の舟は此岸を去った。
やがて、球体は忘れられるために、なお球体であり続ける。

 

深く球体の内部では、私は誰にも出会わない。

 

記憶の抹消、の抹消の記憶を、なお抹消する
定義を定義するものを拒絶する
外部を抹消するために
ただ死体にはならないままで
ただ幽霊にもならないままで

構造と意味について考える
神と実存について考える
あとしばらく

白旗を振れば
外部と内部から互いに歩き出すかも知れない
互いにもう一度顔を見合わせるかも知れない
それはともかく
外部を拒絶する
内部のままで
内部が内部に関係する関係のままで

 

20200525掲載


Warning: sprintf(): Too few arguments in /export/sd209/www/jp/r/e/gmoserver/3/2/sd0420532/poesy.blog/wordpress-5.3.1-ja-jetpack_webfont-undernavicontrol/wp-content/themes/lineday/library/underscores/template-tags.php on line 26